「美肌のドリンク」専門店 すずらん薬局「美し館」|たった1本のドリンクで感動の美肌へ

漢方できれいになりませんか?どんな症状に対しても、お勧めの漢方をご紹介します TEL:0774-71-4333 9:00〜18:00/日祝休 漢方できれいになりませんか?どんな症状に対しても、お勧めの漢方をご紹介します TEL:0774-71-4333 9:00〜18:00/日祝休 買い物かごを見る
相互リンク サイトマップ お問い合わせ
ホーム 初めての方へ お悩み別解説 ご相談(無料) 取り扱い商品一覧 お店紹介 オーナーの紹介

「たった1本で翌朝、美し肌」のお試し体感セット

美し館でのお買い物はこちらから

→お買い物ガイド(ご注文案内)

お問い合わせはこちらから TEL:0774-71-4333 9:00〜18:00/日祝休
ホームページよりお問い合わせはこちらから

1日文から販売します「全商品試せます!」ご購入は無料相談から

メールマガジン あなたと家族の美容と健康に役立つ『松井啓子のすずらん便り』

うつくし友の会 新規メンバー募集中!1.「あなたと家族の美容と健康」に役立つメールマガジンをお届け2.メンバーだけのご優待サービス3.ご注文時の住所等の入力が楽に4.お届け先の事前登録が可能に※入会費等は一切かかりません♪
新規登録方法

お悩み別解説

いぼ

にきび

豊胸

店舗のご案内
すずらん薬局 店舗写真

すずらん薬局
〒619-0222
京都府木津川市相楽高下42-9
TEL:0774-71-4333

※TEL受付時間:
月〜土 9:00〜18:00
(日曜日・祝日はお休みです)

FAX:0774-73-4545

MAIL:support@beautiful-suzuran.com

特定商取引法の表記 個人情報保護方針

のカラーの日は、各種対応を
お休みさせていただいております。

お買い物ガイド お問い合わせ

オーナーの紹介 すずらん薬局 美し館、館長について

 

「美し館」館長の薬剤師、松井啓子
「美し館」館長の薬剤師、松井啓子の
紹介をさせていただきます

はじめまして。 「美し館」館長の薬剤師、松井啓子です。

私は11歳のときに父を胃がんで亡くしています。
父は会社員で営業の仕事をしていましたが、
ほとんど毎日接待で、帰宅は常に深夜でした。
脂っこい食事や洋菓子が大好きで、
当然ストレスもかかっていたでしょう。

今思うと、こういった生活がまだ36歳という若さの父に、
ガンを発症させてしまったのだと思います。
野球で鍛えた体は20代の体力といわれ、
きつい治療にも耐えられたため、少しでも良い治療をと探し求めたそうです。
東京の厚生年金病院、そして癌研付属病院に入院し、漢方の服用もしてはいましたが、
3度の手術を行い、新しい抗ガン剤を次々と使いました。

今の私であれば、こうする代わりにいろいろ違う提案もできたと思いますが、
そのときは何も知らなかったのです。
それでも結局副作用が強く出るばかりで、どれも効果はありませんでした。
病院には、ガンの最期を看取るのは大変だから、と反対されたそうですが、
すでに覚悟を決めていた母は父を自宅につれて帰りました。

そして発病から3年後、父は家族に見守られる中、不思議と痛みもなく自宅で静かに息をひきとりました。

その時、父の闘病と死、そして看病する母の姿を見て、私は将来病を抱える人や、
その家族のために何か役に立つ仕事がしたい、それと人生はいつまで続くかわからない、
毎日を悔いないよう精一杯生きたいと強く思うようになりました。
そして私はガンを治せるような薬を作る薬剤師になりたいと思ったのです。

でも大学生になった時には、自分がガンの薬を作るなんて無理なことも十分わかっていましたし、
学校で学ぶ西洋医学に対しても、なんとなく限界のようなものを感じていました。

 

実験イラスト
大学ではほとんど毎日、午前中は講義、
午後からは実験という生活でした

大学ではほとんど毎日、午前中は講義、
午後からは実験という生活でした。
自由な時間が少ない中で、夕方に実験が終わると
塾の講師や家庭教師のアルバイトに走っていくという毎日を
過ごしていました。
夏休みなどは、デパートやスーパーでいろいろな食品の
試食販売や水着、洋服ある時は洗濯機の販売なども
行いました。
この頃からいろいろな人と出会ったり、
話をしたりするのが好きでした。

このようにしてお金をためた目的は、海外旅行でした。
もちろん豪華な旅行ではありませんでしたが、外国には当然のことながらいろいろな人がいて、
いろいろな食べ物があって、日本とは違う生活様式があります。
あまり観光名所は回らないのですが、ひたすら地元の人が行くところを歩き回るという旅が大好きでした。

 

海外旅行イラスト
海外旅行が大好きでした。
特にロンドンは印象に残りました

そして大学3回生のときに訪れたロンドンは、
特別何かがあったわけではないのですが、
私にはとても印象に残りました。
ロンドンはアフリカの人、インドの人、そしてアジアの人、
非常に多国籍の人が集まる大都会でありながら英国の伝統があり、
どこかオールドファッションのところが好きでした。
いつかロンドンに住んでみたいなあ、なんて思いながら、
帰る前の日にはロンドンの公園でブランコに乗っていたことを
思い出します。

最近気がついたのですが、たとえそれが少しぐらい機能的でなかったとしても、
伝統や歴史のあるものは昔の人の智恵がいろいろ詰まっていて、
私は以前からすごく魅力を感じるようです。
その後漢方や伝統食、マクロビオティックに興味を持つようになったのも、おそらくそのせいでしょう。
無理にエコとかスローフードとかいうのでなく、
やはりそれは人間として自然なことであり、いちばん生きやすいと感じます。

そんな日常の中で、薬剤師という仕事に対する興味はすっかりなくなってしまい、
それよりももっと直接関われる仕事がしたい、もっと多くの人に会ってみたい、話をしてみたい、
と考えるようになりました。
それならいっそ、いろんな国の人がいるロンドンで生活できたら・・・と思いましたが、
もちろんそんなお金はありません。
母に話すと当然の事ながら大反対でした。当たり前ですよね。

でも決して諦めないのが私です。
大学卒業後は大阪の某ホテルの中にある小さなドラッグストアで、
いつかロンドンに行くことを夢見ながら働き始めました。

その後、たまたま大学でいろいろ教えてくださっていた先生がロンドン大学の客員教授として
ロンドンに行かれることになり、私にも是非来なさいと言ってくださいました。
いつかこの先生を頼ってロンドンに・・・と思いながら、母を説得し続けました。

 

飛行機イラスト
大学卒業一年半後、ロンドンに
渡り、2年間を過ごしました

そしてついに卒業して一年半後、ロンドンに渡り、2年間を過ごしました。

とにかくお金がないので、日本からロンドンまでの直行便なんて
高すぎて、安い航空券で何時間もかけてパリに行き、
そこから列車を乗り継いで、重い荷物を下げてたった一人フェリーで
ドーバー海峡を越えました。
先生から買ってこいと頼まれたお酒が重かったこと・・・

ロンドンでは英語学校に通うかたわら日本料理店で働いたり、
しばらくすると向こうの人に日本語を教えたり、向こうの心理学の市民講座に通ったりしていました。
授業は半分以上わからなかったですが。
ロンドンにいた2年間で、私は大学や大学院に行ったわけではありませんし、
何か特別な資格を取ったわけでもありません。

ですから行って何を得たんだと聞かれると、形になるものは何もありません。
でも多くの人と会った事、話したこと、聞いたこと、
そして人にはいろいろな考え方、生き方があると知ったこと、
今にして思うとすごく勉強になり、青春でした。
この2年間は私の宝です。
最後は首を縦に振ってくれた母に、今もすごく感謝しています。

 

本イラスト
帰国後は、薬局でアルバイトをしながら
通訳ガイドの学校に通いました

そして約束の2年が終わり帰国しましたが、
もちろん薬剤師として腰を落ち着けて働くつもりはなく、
今度はいろいろな国の人に日本を案内できる
通訳ガイドを目指し、昼は薬局でアルバイトをしながら
夜は通訳ガイドの学校に通い始めました。
ところが3回続けて国家試験に落ち、
私には無理かもしれないと諦めかけた頃です。

ある製薬メ−カーの勉強会で一人のドクターが、北風とお日様の話にたとえて、
補法と瀉法(ほしゃ)という治療法の違いについての話をなさいました。

西洋医学の治療は、いわば北風の治療(瀉法)であって、切る、たたく、抑えるというもの、
それに比べて東洋医学の治療は体に負担をかけず、体を補うことによるお日様の治療(補法)である。
急性病や急性期には西洋医学の治療はとても効果的だが、慢性病や終末期、
あるいはまだ病気が完成していない未病という状態の時期は、東洋医学が得意とするところであり、
それ以上に心身医学も重要である、というものでした。

 

白衣イラスト
あるドクターの話がきっかけで
一生薬剤師として患者さん達と
関わっていくことに決めました

結局西洋医学一辺倒にならず、
その状態で効果的な治療法を使っていきなさいということです。

しかもその補法を使った仕事は、
薬局や薬店で十分行えるというのです。

そのドクターは心身医学の第一人者である池見酉次郎先生の
お弟子さんで、全人的医療を提唱なさっている先生だったのですが、
先生の患者さん達に対する熱い思いや情熱が、
こちらにも痛いほど伝わってきました。
その時先生の話にすごく納得すると同時に、
そうだ、私がやりたかったのはこういう仕事だったんだと気づき、
一生薬剤師として患者さん達とかかわっていくことに決めました。

私がすずらん薬局を開局する2年前、関西を中心に薬局薬店が集まって、
OTCカウンセラーの会という会を作りました。
現在も会員点が定期的に集まって様々な勉強を続けていますが、
その先生が会の名前を付けてくださいました。
(OTCとは、Over The Counter : カウンター越しに、つまり薬局薬店です。)

 

本イラスト
西洋医学だけでなく東洋医学、
心身医学など、様々な勉強を始めました

それ以降、西洋医学だけでなく東洋医学、心身医学、
漢方や漢方食品、その他の健康食品、そして生活養生や
食養生、カウンセリング等の勉強を始めました。

その当時、私は大阪で薬局の管理薬剤師として
勤務していたのですが、次第に慢性病や難しい病気の
患者さんの相談が増えてきました。
でもお客様の数が多くて十分な時間がとれず、なかなか自分の納得がいくような仕事ができなくなり、
結局平成12年に退職し、すずらん薬局を開局しました。

 

誰でもそうだと思いますがあとで振り返ってみると、
私にも自分の人生や生き方に大きな影響を与えてくれた人達が何人かあります。
もちろん早くに亡くなった父もその中の一人ですが、
ロンドンでの生活を後押ししてくれた大学の先生であったり、
相談薬局の薬剤師として患者さん達と直接かかわれる仕事を選択させてくれたドクターであったり、
すずらん薬局の開局を強く勧めてくれた営業マンの人だったりと、
その後もいろいろな出会いがあり、今に至っています。

また私が小学校5年生で父が死んで東京から越してくる時、
担任の先生から「もしもこの子がやりたい、ということがあれば、信じてやらせてあげてほしい」
と言われたことを思い出して、母は私のロンドン行きを止めるのを諦めた、
という話を母からだいぶんあとになって聞きました。

どんなことでもそうですが、自分一人では何もできません。
いろいろな人に教えてもらい支えられて、私はここまで来ました。
今は私が少しでも苦しんでいる方のお役に立てればと思います。

医療は毎日進歩していて、健康や体の常識と思われていることもどんどん変わっています。

情報は溢れていますが玉石混淆で、それに振り回されて苦しんでいる人も多く見られます。

本当に健康でいるということはどういうことなのか、自分は健康になるためにどうすればいいのか、
情報や偉い先生の言葉を鵜呑みにせず、自分自身でしっかりと考え、
自分の体がいいと感じることを素直に信じ、実際に自分自身で実行し、続けてみましょう。

自分の体が感じることが結局は正しいのです。

 

すずらん薬局「美し館」  館長 薬剤師   松井 啓子

このページのトップへ

株式会社ジェイグルーブ

ホーム初めての方へお悩み別解説一日分から販売しますご相談(無料)お試し体感セット取り扱い商品一覧
お店紹介オーナーの紹介お買い物ガイドお問い合わせ相互リンクとリンク集サイトマップ

Copyright (c) 2009 すずらん薬局, Inc. All Rights Reserved.

「美肌のドリンク」専門店 すずらん薬局「美し館」|たった1本のドリンクで感動の美肌へ